ムーブメントの授業のお話

ムーブメントの授業のお話

はじめに

皆さんこんにちは!
最近はバンクーバーでもあちらこちらに桜を見かけ、
そろそろ春が来るな、と嬉しい気分になっています

最近は授業での話を書いていなかったので、
今日はムーブメントの授業で面白いな
と思ったワークについて書きたいと思います!

ムーブメントとは


ムーブメントの授業では

様々なやり方で体を動かしたり声を出したりするワークや
コミュニケーションや表現力に役立つをゲームをします。

演技は体、声、心と自分の全てを使って行うので、
その可能性を知ったり鍛えたりするため
大事な授業のひとつだと思っています。

4つのエレメントを入れるワーク


その中で印象に残ったワークが、
4つのエレメント(火、風、水、土)
をそれぞれ呼吸の中に入れるというものです。

…それって何なん?って思う人が多いと思いますが、
(私も思った)

例えば深呼吸する中で火を想像し
それが呼吸の中に入っていく感じを想像します。
(わかりにくい)(私もよくわかっていない)

そしてその火が少しずつ胸の真ん中からおなかや喉、
手足など全身に広がる感覚を想像し、感じていきます。

最終的に、自分が火になったことを想像します。

次に、火になったつもりで動いていくのですが、

1から10までの次第に動きの大きさを上げて、
そしてまた10から1に下げていき最後は止まります。

この時にテンポや、動きの種類、
体の高さなどを変えて動いたり、
火になったつもりで声やため息などを出していきます。
(先生がガイドしてくれて、それに従って動く感じでした。)

なかなか文章で説明するのは難しいですね。。。(笑)

このワークに対しての感想


想像するエレメントによって
自分への影響のしやすさが違い面白いと思いました。


ちなみに私は火を想像しているときに一番影響を受けました。


呼吸に火を入れて体に広げていくとき
本当に火が体を焼いているような息苦しさがして、

しかしそれが過ぎると自分がほんとに火になったようで
気持ちよさや楽しさを感じました。

火が強さを与えてくれた感じがして、

「ほかの人のことなんて知ったことか」
「この地を焼き尽くそう」

という攻撃的な、激しく、
炎の燃え上がるような感覚がわき、
その感情のまま体が動きました。


他のエレメントでは、

風は少し想像しにくく
水では川の流れを想像したりして、

土はそもそもどう動くのか…
と思って混乱してしまいました。(笑)

ワークを通しての気づきなど



普段から気にして見ていたり、
どういったエレメントに心が動くのかによって
作用しやすさが変わるのかなと思いました。
(ろうそくの火が好き、土触るの好きだなとか)

各々のエレメントで体の感覚や動き、
声の質が変わるのが面白かったです。


クラスメイトの動きをからも
それぞれのイマジネーションを感じられて、
影響しあう感じがしました。


このワークをやる前

「自分でリミットを設けたりや結果の予想をせず
何が起こるかわからないけどゆだねよう」

という気持ちで行ったところ

考えもしていなかった動きや
感情や感覚が起こったので面白かったです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

また授業で面白い体験をしたら
少しずつシェアしていきたいと思います。

それではまた次回もよろしくお願いします!