はじめましての日記!

はじめましての日記!

初めまして、さよです。

この度カナダのバンクーバーに3年間演劇留学することに決め
その記録を残したいと思いブログを始めてみました。

ブログはほぼ初心者なので何を書いたらいいか迷いますが
温かい目で見守っていただけると幸いです^^




最初の記事なのでまずは自己紹介をしようと思います。




1990年生まれ、生まれは山口。

幼少期から父親の仕事の関係で日本各地を転々として
北海道や三重県、愛知県に住んだことがあります。

大学と最初の職場が大阪だったため
そこに一番長く、8年間住みました。

そのため関西に愛着があり
自分のしゃべっている言葉は大阪弁だと信じて疑わないのですが

生粋の大阪人のパートナーからはいつもはっきり
「大阪弁ではない」と言われています;


高校の時は部員が一人しかいない自然科学部で
放課後にフラスコや試験管を振るくらい化学が好きだったので

大学も理学部に進もうとしましたが一浪してなぜか建築学部に…
とまあ興味がころころと変わる青春時代を過ごしていました。

そういえば大学時代はカメラマンになりたいと思っていたくらい
写真にはまっていたっけ。。



そんな私が小さいころからひそかにずっと憧れていて
いつかは挑戦したいと思っていたことが2つありました。



1つは女優になりたいという夢
もう一つは海外で英語を使って仕事がきるようになりたいという夢です。



大学卒業後にとあるハウスメーカーの開発職をしていている時も
この思いがどんどん大きくなっていきましたが
年齢のことも考えて夢は夢のままにしようと思っていました。





そんな時、突然母親が亡くなりました。


青天の霹靂でした。



父親は大学4年の時にがんで亡くなっていて、兄弟もおらず
近い肉親が誰もいなくなったという喪失感でとても苦しかったです。



これから何のために毎日働いてご飯を作って食べて生きていくんだろう。

そう思って、目の前の景色が灰色になったことを覚えています。


自分の本当に求めるものが手に入らなくても
安定した仕事に就いて迷惑をかけずに生活することが大切で

きっとそれを母親も喜んでくれる。


大学の授業や就活、社会人になってからも忙しく
いつの間にか自分の好きなことを考えるのをやめ


他人の評価や世間の言う普通を気にして生きてきて
努力の方向を間違ってきたんだなと気付きました。



そんな悶々と考える日々の中で


少しづつ昔の楽しい思い出

母と一緒にミュージカルを見に行って心が躍ったこと

小さいころに習ったバレエで心と体を使って表現する喜びを感じたこと

いつもつらいとき映画を見て元気をもらったこと

私もいつか誰かの心を動かすような表現者になりたい
心の奥底でずっと思っていたこと…



そういう細切れの記憶や思いが一つになって


「これが私の本当にやりたいことだったな」

「このまま下を向いていてはいけない」

「分からなくても一歩踏み出してみよう」



という原動力になり
私は女優になるという夢に向かって行動し始めることにしました




この歳まで本格的な演技の経験もなく
全てが探り探りで


成功するかは本当にわからないけど。




でも今こうやって生きている


生きている自分が

自分のできるところまでやってみる

信じてみる



それが大事なのかなと思いました。



ずいぶん勝手で無謀に聞こえるかもしれない。

いろいろ言う人もいるかもしれないけど



もういったん全部気にしないふりをしてやってみよう




書き始めた時からは思いもしない重たい話になりましたが。。^^

私の身の上話はそんな感じです(笑)




それから会社を辞めた後
二年間演技の学校に通い

やっぱり海外でやっていきたいと思い
カナダの専門学校に申し込み渡航

今に至ります。(ざっくり)




明日はいよいよ入学です。

どうなるか自分でもわからず怖いですが
前向きにやっていきます!